各種ランキングに登録してます。以下のバナーをクリックよろしくお願いしま〜〜す♪

(有)すークリエーションコミック・アニメ ランキング ブログランキング・にほんブログ村へ p-netbanking

2008年11月28日

みんななかよし 第三話 『心に花を咲かせましょう』(8)

みんななかよし 第三話 『心に花を咲かせましょう』(8)

                                           文:すーさんの永遠のライバル
                                           絵:A氏

「そうだケル。あのおじいさんがおいらたちを下に追いやったケル。だから、下で運動会をしていたら、桜も、下に咲いてくれたんだケル。やっぱり、花は賑やかな所に咲くケル!」
 リュウの手の上に乗ったまま、桜の花を眺めてマイケルがキーキー鳴いた。
「なんと! 花が根から咲いているのは、地下の方がにぎやかで楽しそうだからですと……。風流なことでございますな」
「桜のお花も、動物さんたちに見てほしかったんじゃなあい?」
 姫がハヤシサワとにっこり視線を合わせる。
 それから、きれいだなあと見上げていると、根っこに生えた桜から良い香りが漂ってきた。
「桜は確かにきれいですが、その意地悪なご老人というのが気になりますね」
 聞きなれた声に、はっと振り返るとリュウの隣に白い執務服のユーサンの姿があった。
「うへっ……、いつの間に?」
「あ、ユーサン! 私達がここにいるのよくわかったねえ!」
 リュウと姫がそれぞれ声を上げる。
「ええ、先ほどお城に戻ったら、侍女のカレンさんが教えてくれました」
 姫の頭をゆっくりとなでながらユーサンがにっこり笑って言う。
「マイケル君。その意地悪なご老人は今はどこに?」
「この上だケル。山に小屋を建ててそこに住んでいるんだケル」
 マイケルが鼻で地上をさすと、その鼻先に日の光があたった。
 「本当は、青いお空の下で、思いっきり運動会も、お花見もしたいんだケル。桜の花だってきっと太陽を浴びたいと思ってるんだケル!」
 リュウの上でまた、マイケルがキーと鳴く。
 青空を向いて、太陽を向いて、キーキー、キーキーと。

 3-8.jpg

 その小さな声に反応したのか、さっきまでワーキャーと騒いでいた動物たちが、皆空のあるはずの方を見上げて、それぞれに鳴き始めた。
 ワォーンと犬とオオカミの遠吠えがさびしげに洞窟内に響き渡る。恋しいのは日の光りだった。
「じゃあ、私がそのおじいさんにお願いしてくるよ。マイケル君たちが困っているから、上でお花見も、運動会もさせて下さいって……」
 姫がそう提案すると、リュウとハヤシサワが驚いて目を丸くした。
 けれど、ユーサンは表情を崩すことなくいつもの笑みを浮かべている。
「でも、お姫様。お姫様一人じゃ危ないケル。おじいさんはものすごーく怖くて頑固だケル。それに、あまり怒らすと奥から鉄砲を持ってくるんだケル」
 ぷるるっと、鉄砲の穴思い出して身震いした。柔らかい針がさらさらとリュウの手のひらを撫でる。
「うふふふ、平気だよ。今日はねえ、私一人じゃないもの……」
 姫は、心配いらないよとマイケルの鼻先をつついた。
 そして自分の後ろに立つ、その3人を見て言う。
「ね、リュウくん、ハヤシ、ユーサン、お手伝いしてくれるよね?」
 振り返った姫の視線を受けた3人。
 ふっと一番初めに笑ったのはリュウだった。
「オレが手伝わないなんて言ったことがあるかよ。……ほら、行こうぜ」
 姫の手を普段通りに取るリュウ。その手をパンと払いのけて。
「姫様お一人などととんでもないっ! このハヤシサワが剣となり、盾となり姫をお守りいたしますぞ! 昔は黒ひげ剣の使い手と称されたこのハヤシサワ……」
 ずずずっとハヤシサワが前に出る。
「うぷぷぷ……なんだよ、爺さん、黒ひげ剣って! 白ひげ剣の間違えじゃねーの。ってことはその自慢の頭も銀髪じゃなくって、やっぱ白髪?」
「うるさい! 悪ガキ、この頭は立派な銀髪、白髪なんぞではぬぁい! その昔「黒ひげの剣」という由緒正しき剣があったのじゃ……。そんなこともを知らぬ、悪ガキなんぞに、姫様を任せるわけにはいかん!」
「いやいや、オレ一人で十分、爺さんの手は借りないでいいって」
「ええ、うるさい! このハヤシサワがついて行くのじゃ!」
「オレだ!」
「ワシじゃ!」
 にらみ合う二人を見ている姫に、ゆっくりと次の声。
「姫様には素敵なナイトがおられますね。動物さんたちにもナイトが必要でしょうから、こちらは僕が引き受けましょう。その山小屋のことについても、少し調べたいことがありますので、何かわかればすぐにでも……」
 にっこりと笑いながら、ユーサンが姫の頭を撫でた。
 そして、後ろの兵士たちへも視線をやると。
「我ら一同、この身、姫様にささげよと、パンパン大佐からのご命令です!」
 ざっと兵士たちの足並みがそろった。
 それを見て姫がにっこり笑う。
「ね、一人じゃないもの」
 嬉しそうに姫の手の上にちょこちょこ移動したマイケルは、興奮したのかちその毛がょっとだけつんつんと逆立った。
 そして姫たちは地上の小屋を目指して歩き始める。

                                                         つづく                                                         
にほんブログ村 小説ブログ ファン
タジー小説へ ひとりじゃないもの ←(by ケッピ)


posted by (有)すークリエーション at 17:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | みんななかよし(小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

コミックマーケット75出展情報/音 響の徒然なるままに…… 三十五回目

 こんにちは。音 響です。
 今回は、いつもお世話になっている、DEARS様の
 冬の新作についてお話しさせていただきますね。

 なんと、一挙に13作品が発表されました!

 どの作品も、コミックマーケット75 西4階企業ブースで先行発売されますよ。

 その作品内訳をご案内しますね。

 「ツンデレカルタっ!?B」
 「ツンデレタロット」
 「まるごと★よみきかせ昔話」
 「でぃあーず せかいのものがたり〜青の色〜」
 「でぃあーず せかいのものがたり〜赤の色〜」
 「Comeacross〜DEARS朗読物語〜Vol.6 日本の昔話4」
 「Comeacross〜DEARS朗読物語〜Vol.7 イソップの童話」
 「若本規夫の雑学語録100 Vol.6」
 若本規夫の雑学語録外伝・「キャプテン=ワカモト対プロフェッサー・シリスギータ」
 「DEARS花言葉物語〜赤の季節〜」
 「DEARS花言葉物語〜青の季節〜」
 「DEARS誕生石物語〜赤の季節〜」
 「DEARS誕生石物語〜青の季節〜」

 です!

 DEARS様のコミックマーケット75出展情報はこちらから参照してください。

 わたくしどもが関わった作品の詳細などは、詳細が発表されてからご案内させていただきますね。
 それでは、皆様また来週お会いしましょう。ごきげんよう。

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ ← こちらのクリックもお待ちしておりますね。
posted by (有)すークリエーション at 23:22| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音 響(おと ひびき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

神田空音の当たるも八卦 第三十五回

 こんにちは〜。
 先日、「最近もしかして体力落ちたかも」と思って、午後からプールに行き、1km泳いで、それから、2kmプール内を歩いて、「あ、そんなに辛くない」と思っていたのに水から上がった途端に足が生まれたての小鹿みたいにぷるっぷるしていたので、「くそぅ、これまでか」と着替えて街まで戻ってきて、さて、温泉に寄ってから帰るか……と思いつつ、勢いと思いつきでひとりカラオケ2時間熱唱したりして、意外と元気な自分にちょっとびっくりしている神田空音です。

 まぁ、その後温泉行って家に帰ってきてそっこう寝てしまいましたが……。
 とりあえず、プールに一回行ったくらいじゃ目方はそうそう減らないという事実には直面しましたが、意外なことにプール後にカラオケ行ったらいつもより声が伸びたのですよ。
 やっぱり、腹筋か、腹筋なのか?
 いや、もしかすると背筋か、あるいはその両方か……。
 ともかく、ダイエットとか運動不足解消とか肺活量向上とかによさげなので、暇を見つけてちょこちょこプールに行こうと思います!

ではでは、ここらで宣伝おば。
 
 【パラれる☆ゲート】という携帯サイトの共通掲示板にキャラクターマイルームという、漫画とかアニメとかゲームのキャラクターが日記をつけているところがあるのですが、そこに「白黒つける?」のルイとサクヤが日記という名のかけあい漫才っぽいものを書いています。
 もし良かったら【パラれる☆ゲート】の中のキャラクターマイルームをのぞいてみてくださいね。
 詳しくはコチラ
携帯の方はコチラ

 ではでは今週の占いいってみよ〜。
 本日のテーマは『今週のラッキーダイエット方法』です!
 例によって、例のごとく、すーさん、けいちゃん、空音、ひびきちゃんの4人から気分で選んで、以下の結果を見てください。

<すーさんを選んだあなた>
 カロリーを控えつつ、バランスの良い食事をとりましょう。
 おなかが空いたときはキャベツをバリバリ食べておなかを膨らませよう!

<けいちゃんを選んだあなた>
 甘い物を控えよう!
 一週間、間食を控えるだけでも結構違うものですよ。
 
<空音を選んだあなた>
 燃焼系の食材をとりましょう。
 場合によってはサプリメントで代用するのも有りかもね。
 
<ひびきちゃんを選んだあなた>
 とにかく運動。
 有酸素運動だったら何でも良し!

 は〜い、こんなんでましたけど〜。
「白黒つける?」の単行本は12月10日発売ですので、是非是非ご購入お願い致します!

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ ←クリックよろしくです〜。
posted by (有)すークリエーション at 13:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神田 空音(かんだ からね) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

けいのあまあま日記 その35

こんにちは、けいです。
すっかり最近は冷え込んで、
もしかしたら、寒くて起きちゃう人とかいるんじゃないかな?
寝るときはしっかり温かくして、寝たいよな。

こう、毎日寒いと、
温かい食べ物って、恋しいよなー。

というわけで、
今週は、あたたかいあまあまだ。
それは、鯛焼き!

「尻尾まで、あんこ、ぎっしりだぜ!」
という鯛焼きだ。

なんだ、普通じゃんって思うかもしれないけど、
リアルに、尻尾まであんこぎっしりの鯛焼きって見たことある?

だって普通は、尻尾まであんこがあったら、
鯛の形からあんこが漏れちゃうだろ。

だけど、逆転の発想で、
本当に、尻尾まであんこが入っている鯛焼きがあるんだ。
しかも、事務所からわりと近い所にね。

つまり、こんな感じ!

神田達磨

鯛焼きというよりもむしろ、
魚拓っぽいけど……。

でもこれなら、看板に偽りなしで、本当に尻尾まであんこが入っているぜ!

あ、ちなみにお店は「たいやき神田達磨」で
千代田線・新御茶ノ水、都営新宿線・小川町駅のすぐ上!


ところで、鯛焼きと言ったら「およげたいやきくん」を思い出す人とか
多いんじゃないかな。かなりヒットした歌だもんな。
この鯛焼きって、麻布十番にある「浪花家総本店」というお店が
モデルになっているそうだ。
今度、行ってみようっと。

あ、ここのクリックもよろしくな!
にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
posted by (有)すークリエーション at 23:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 幡羅 恵(はたら けい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

四コマ番外編『ごめんなさい』

作:すーさんの愉快な仲間達
漫画:みゅ


すーさん4コマ番外編3


(C)すーさんの愉快な仲間達/クレイ・シーゴット


すーくり社員一同すーさん四コマ番外編。

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ ← ご、ごめんなさーい、だからクリックしてぇ(by すーさん)
posted by (有)すークリエーション at 23:30| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | すーさん四コマ & イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

みんななかよし 第三話 『心に花を咲かせましょう』(7)

みんななかよし 第三話 『心に花を咲かせましょう』(7)

                                           文:すーさんの永遠のライバル
                                           絵:A氏


 目の前に広がる不思議な光景にケッピ姫とリュウは目を見張った。
「かんぱいっクマー」
「ぷはーっクマー」
 クマたちが乾杯し合い。

 3−7.jpg
 
「やるだコン!」
「負けないだポン!」
 キツネとタヌキが頭に葉っぱを乗せて、変化対決をしている。
「もう1っぴきいけるカメ」
「小さいのを乗せるカメ」
 カメが背中にコガメを乗せあい。
「負けないだワン!」
「本気出せば早いだニャー」
「ウサギ跳びをバカにしちゃいかんウサ」
 クラウチングスタートを準備する動物たち。
 アリのマスゲーム。
 ハリネズミころがし。
 オオカミ応援団。
 競技をする動物たちと、それを周りで応援する動物たちで、その洞窟の中は非常ににぎわっていた。
「なんだ、これ?」
「うんどうかい…かなあ…」
 姫がぽつりと漏らした。
「いや、花見か…?」
 リュウが見てみろよ、とその土の壁をさす。
「あれ? お花、これ……桜だよ? どうして……」
 姫が驚くのも無理はない。なぜなら、土からはみ出て、むき出しの伸びた根っこの先に、ピンクの桜の花がきれいに咲いていたのだから。
咲いているどころではない。満開だ。
 どの根っこにも根っこが見えないぐらいびっしりと桜色の花が見事に咲いているではないか。
 その花が放つほのかな光で、その場はぼんやりと明るい。
「……はぁ、はぁ……追いつき…ました、ぞ! …姫様……お、お怪我はありませんか」
 息切れしたハヤシサワも、兵士たちも皆、目の前の光景に目を丸くする。
「おや、地上からのお客様だケル?」
 ふいに足元から小さな声がした。
 いちばん近い姫がしゃがみ込む。
「うん。みんな、動物さんたち何をしているの?」
 姫に話しかけているのは、小さなハリネズミだった。
「お花見と、春の運動会だケル。……はっ! その王冠、もしやあたなはお姫様だケルか?」
「うん、ケッピっていうの?あなたのお名前は?」
「ハリネズミのマイケルだケル」
「ハリネズミ? でも…」
 ケッピ姫がつんつんっとマイケルの針をつつく。普通ならハリネズミの針は硬いはず……なのだが。
「やわらかいよ?」
 姫がなでてもチクリとしないぐらい柔らかい。
「ほかの仲間はみんな固くてイイ針なのに、おいらだけ柔らかいだケル」
 マイケルはしゅんとして下を向いてしまった。
「でさー、マイケル、なんでわざわざ地下で運動会なんてやってんだ? 地上でやりゃーいいじゃんかよ」
 痛くないとわかって、リュウがひょいとマイケルをつまみ上げて手の上に乗せる。
「仕方ないんだケル、この山の意地悪なおじいさんが、おいらたち動物が上で騒ぐのを嫌がるだケル。だから地下で仕方なく運動会やったケル」
「意地悪なおじいさんとな?」
 ハヤシサワが鼻の上に小さなメガネを乗せ、マイケルと視線を合わせて問いかけた。

                                                         つづく                                                         
にほんブログ村 小説ブログ ファン
タジー小説へ クリックするケル ←(by マイケル)
posted by (有)すークリエーション at 12:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | みんななかよし(小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

音 響の徒然なるままに…… 三十四回目

 こんにちは。音 響です。
 四コマの方でも社長が見つかって何よりです。
 わが社は社長あってのものですから。

 もう逃亡しちゃダメですよ。
 ね。
 社長(にっこり)

 さて、本日はコミックブレイドアヴァルスで連載していました「白黒つける?」の単行本についてお知らせ致します。
 この作品は、昨年ガールズジョイントプロジェクトというアニメイト☆ブックス×マッグガーデンの企画にてグランプリをいただき、その後、コミックとしてCOMIC BLADE avarusにて連載させていただきまして、ついに来月単行本が出ることになりました。
 社員一同感無量でございます。

 発売情報など、わかり次第お知らせしていきますので、是非是非ご購入の程よろしくお願い致します。
 それでは、皆様また来週お会いしましょう。ごきげんよう。

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ ← こちらのクリックもお待ちしておりますね。
posted by (有)すークリエーション at 23:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音 響(おと ひびき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

神田空音の当たるも八卦 第三十四回

 こんにちは〜。
 最近仕事場のシャワールームに精神的地雷が置いてあって個人的にはそれのことを「センチメンタルボム」と呼称しているのですが……えーとまぁ、ぶっちゃけヘルスメーターのことなんだけど……。ちょっとひとっ風呂あびて気分転換……するはずが、うっかりこの地雷を踏んでしまい、気分がどよ〜んとしちゃったりしている神田空音です。

 あれはなかなか酷い精神攻撃ですよ。
 しかも、本人が踏まなくてもダメージうけたりするんだよ。
 例えばこの前、響ちゃんが踏んでてさ「あら、少し太ったかしら?」なんて言うから「え? 今何キロ」とうっかり聞いてしまい。
 響ちゃんの方が身長あるのにあたしの方が肥えてて愕然……。
 みたいな?
 とりあえず、22時〜06時の間はご飯食べないようにしようと思ってます……。

 ああ、そうそう、どんよりしている場合じゃなかった。
 【パラれる☆ゲート】という携帯サイトの共通掲示板にキャラクターマイルームっていう、漫画とかアニメとかゲームのキャラクターが日記をつけているところがあるのですが、そこに「白黒つける?」のルイとサクヤが日記という名のかけあい漫才っぽいものを書いています。
 他のキャラクター達はちゃんと自分のことや作品世界のことなんかを語っているのに……あのふたりときたら……。
 なんであんなにフリーダムなんでしょうね。
 もはやあたしにも制御不能です(笑)
 まぁ、そんなわけでもし良かったら【パラれる☆ゲート】の中のキャラクターマイルームをのぞいてみてくださいね。
 詳しくはコチラ

 ではでは今週の占いいってみよ〜。
 本日のテーマは『朝すっきり目覚めるために』です!
 例によって、例のごとく、すーさん、けいちゃん、空音、ひびきちゃんの4人から気分で選んで、以下の結果を見てください。

<すーさんを選んだあなた>
 冷たい水で顔を洗おう。
 寒い時こそ冷たい水で。
 きっとしゃきーーんと目覚めるよ。

<けいちゃんを選んだあなた>
 時間を計算して寝よう。
 一時間半の倍数のタイミングで起きるとすっきり起きれるらしいよ。
 気づいたら寝てましたとかだと難しいかもだけどね。
 
<空音を選んだあなた>
 熱めのシャワーを浴びると頭がすっきりするらしいよ。
 ……まぁ、その時間をとれるくらい早く起きられることが前提だけどね。
 
<ひびきちゃんを選んだあなた>
 目覚ましの個数を増やしてみよう!
 音を大きくしてもいいかも。
 そうそう、二度寝はしちゃダメだからね。

 は〜い、こんなんでましたけど〜。
 「白黒つける?」の単行本は12月発売予定ですので、是非是非ご購入お願い致します!

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ ←クリックよろしくです〜。

posted by (有)すークリエーション at 23:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神田 空音(かんだ からね) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

けいのあまあま日記 その34

こんにちは、けいです。
四コマの方でも、そろそろすーさんが発見されたってこともあって、
東北ネタも、そろそろ最後だ!

花巻の辺りには、
やっぱり、温泉って数多くあって、
花巻駅から少し行った所にあった、
花巻温泉に日帰り入浴に行ってきたんだ。

そしてその時に見つけたのが、
これ、花巻温泉名物!

というわけで、今週のあまあまは、

花巻温泉から、
羽山まんじゅう と 鹿餅

羽山まんじゅう

ん〜、
どっちもやわらかくて、
やさしいあまさで、
落ち着く甘さって感じだったぜ。
羽山まんじゅうは、クルミがワンポイント乗っててよかったな。

あ、ここのクリックもよろしくな!
にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
posted by (有)すークリエーション at 23:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 幡羅 恵(はたら けい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

四コマ第二十五話『すーさん発見!』

作:すーさんの愉快な仲間達


すーくり四コマ 第25回

つづく。


(C)すーさんの愉快な仲間達/クレイ・シーゴット


すーくり社員一同すーさん四コマ第二十五回。

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ ← は、はやく、クリックして、た〜〜す〜〜け〜〜て〜〜(by すーさん)
posted by (有)すークリエーション at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | すーさん四コマ & イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

みんななかよし 第三話 『心に花を咲かせましょう』(6)

みんななかよし 第三話 『心に花を咲かせましょう』(6)

                                           文:すーさんの永遠のライバル
                                           絵:A氏


 洞窟は魚の口のようにぽっかりと大きな口を開けていた。
 そして、中からは一定の間隔で空気が、出たり、入ったりしている。
「なんだか、ちょっとひんやりするね、風」
 そう言って、ケッピ姫が手に息を吹きかけた。確かに洞窟の中からふいてくる風は湿っぽく少し冷たかった。
「ほれ、これ着とけよ」
 自分のボレロを姫にひっかけて、リュウが先に進んでいく。

 みんなか3−6.bmp

「わあ、ありがとう。いいの? リュウくん寒くないの?」
「ん……まぁな。暗いから、足元気をつけろよ」
 耳のあたりをちょっとかいて、ぼそっと答えると、リュウは姫の方を見ずにどんどん進んでいく。
「わ、わ、ちょっとまってよー」
 先へ進むリュウの背中を姫は一生懸命に追いかけた。
 暗い洞窟の中、リュウが魔法で出した薄ぼんやりとした光の球の明かりだけをたよりに進んでいく。
 中は広く、空洞になっている。少し進むと上部にいくつか穴が開いていて、そこから天井の光が帯になり降り注いでいた。
「わあ、見て、リュウくん。ひだまりだあ…」
 光の帯の下に立って姫がリュウを振り返る。
 光に反射する金髪と春の空のような澄んだ青い目が、くりくりとリュウを見つめた。
「すげー。……きれいだなー」
 ボーッと何かに見とれるように、そう感想を漏らすリュウ。
 兵士達が大勢入ってもまだ余裕のある大きな空洞。それはその広さのまま、ずっと続いていそうだった。
「ねえ、リュウくん…」
 陽だまりの下で姫がおいでおいでをする。
「な、なんだよ」
 その言葉に我に返ったリュウが、姫の方へ向かう。
「ね、なんか聞こえない?」
「何が?」
「ほら、なんか、声…」
 耳を澄ます姫が、リュウの肘を下から上に押しやり、同じように耳を澄ませとせかした。
「声?」
 二人で耳を澄ますと。
「…がんばれー」
「ひゃっほー」
「ゴール!」
 小さな声が確かに聞こえた。
「なんの声だ?」
 首をかしげるリュウの、袖がぐいと引っ張られた。
「リュウくん!こっち、こっちから聞こえるよ!」
「おいおいおい、あぶねーって!」
 声のする方に転がるように駆けて行く姫を、今度はリュウが追いかけた。


                                                         つづく                                                         
にほんブログ村 小説ブログ ファン
タジー小説へ ホント、きれーだよな ←(by リュウ)
posted by (有)すークリエーション at 22:45| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | みんななかよし(小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

音 響の徒然なるままに…… 三十三回目

 こんにちは。音 響です。
 今回は、前回予告していた通り、「ふるさと村」についてお話ししていきますね。

 JR遠野駅からバスで25分ぐらい揺られた所に、それはありました。

遠野ふるさと村1

 遠野の郷に残された古い南部曲り家、つまり農家ですね。それをいまの地に移築して、江戸時代の遠野の山里を再現している、アミューズメントパークですね。それとも、野外博物館とでもいえばよろしいでしょうか。

 こういった趣の、南部曲がり家が何棟も建てられております。

遠野ふるさと村2

 農家の家の名では、お馬さんも飼われていたんですよ。写真のお馬さんの名前は、りんちゃん。8歳の女の子です。
 普段は、華麗に走り抜けるお馬さんを遠くで見ているだけだったんですが、こうして近くでみていると、ほんと、かわいいですよね。


 いかにも昔の原風景って感じですよね。
 こう言う所に、住んでいたことはありませんが、なんとなく落ち着きます。
 日本人ゆえ、というところでしょうか?

遠野ふるさと村3

 本日はこのくらいにして、来週は花巻について語りたいと思います。
 それでは、皆様また来週お会いしましょう。ごきげんよう。

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ ← こちらのクリックもお待ちしておりますね。
posted by (有)すークリエーション at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音 響(おと ひびき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

神田空音の当たるも八卦 第三十三回

 こんばんは〜。
 素敵な男性キャラを書こうと思ったらいつの間にかヘタレな子が出来上がっていたり、かっこいい男性の台詞をかっこよく演じつつよもうとしたら、激しく胡散臭い人になっちゃったりと、理想と現実のギャップに打ちのめされている神田空音です。

 自分で書いた物語のシナリオとかを声に出して読むのが好きです。
 演技はへたっぴぃですが、それでも棒読みは嫌なので、感情入れて読んでます。
 そうすることで、気づける何かもあるんじゃないかと……。
 ただ、どーーしても、かっこいい男の人の演技ができにゃい。
 頑張れば頑張るだけ胡散臭くなってしまうのですよ。
 あたしが「やぁ、今日も可愛いね」とか、かっこつけた感じで言うと、友人連中には「嘘くさい」とか「胡散臭い」とか、そんなことしか言われません。
 もちろん、性別が男性ではないので、ちゃんとかっこよくはならないとは思うけど……。
 それにしたって……。
 さわやかさ、ってどうやったら身につけられるんだろう。

 お仕事が落ち着いたら、「さわやかさ」とか「かっこよさ」とかを探しに旅に出ようかなぁ。

 ではでは、本日の占いいってみよう〜♪

 本日のテーマは『オススメ寒さ対策』です!
例によって、例のごとく、すーさん、けいちゃん、空音、ひびきちゃんの4人から気分で選んで、以下の結果を見てください。

<すーさんを選んだあなた>
 誰かのあったかい言葉だったり、好きな人の何気ない仕草にドキドキしたり。
 そーゆー、心のあったかさを求めてみよう。
 心がぽかぽかならきっと体もぽかぽかになるよ〜。

<けいちゃんを選んだあなた>
 あったかくなるものを食べよう。
 辛い物とかいいかもね。
 冬は鍋も美味しいよ。

<空音を選んだあなた>
 お風呂とか熱めのシャワー、足湯とかであったまろう。
 あと、小まめに腕とか足とかをさすって、あっためるとよいね。
 ぷち乾布摩擦な感じでさ。

<ひびきちゃんを選んだあなた>
 インナーの素材にこだわろう。
 あったか素材の服を着たら、そんなに着膨れせずにあったかく過ごせるよ。

 は〜い、こんなんでましたけど〜。
ではでは、皆様また来週〜。

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ ←クリックよろしくぅ。
posted by (有)すークリエーション at 23:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神田 空音(かんだ からね) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

けいのあまあま日記 その33

こんにちは、けいです。
いつまで、このネタで引っ張るのか(^_^;;
今週も、東北ネタです!

花巻に移動した一行。

花巻と言えば、宮澤賢治、縁の地だよな。
というわけで、
「宮澤賢治記念館」に行ってきた!

展示されていた手書き原稿をみて、
作品に魂が込められていくって感じがしたなー。
いまの時代って、殆ど手書きすることってないから、
いわゆる「生原稿」って、ないのが、
ちょっと寂しいと思ったり……。

で、まぁ、その辺は置いといて。
記念館のそばには、「山猫軒」があったんで、入ってみた!
(注文の多い料理店ね)

しかも、入り口にはしっかり、
クリームと塩を塗るよう、置いてある念の入りよう(笑)

山猫軒

ということで、今週のあまあまは、ここから!
ホットミルクと、アップルパイ!

山猫軒その2

ちょっと、寒くなってきていたんで、
あったまったなー。

あ、ここのクリックもよろしくな!
にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
posted by (有)すークリエーション at 14:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 幡羅 恵(はたら けい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

四コマ番外編『河の流れのように』

作:すーさんの愉快な仲間達


すーさんEX2
つづく。


(C)すーさんの愉快な仲間達/クレイ・シーゴット


にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ ← すーさん、本当に見つかりませんね。(by ひびき)
posted by (有)すークリエーション at 23:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | すーさん四コマ & イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

みんななかよし 第三話 『心に花を咲かせましょう』(5)

みんななかよし 第三話 『心に花を咲かせましょう』(5)

                                           文:すーさんの永遠のライバル

                                

「あ、ポチ」
 ケッピ姫が生き物を指差した。
 その生き物はリュウのペットの火トカゲで名前はポチ。
 お重の隙間から、たこさんウィンナーを口にくわえ、次の瞬間しゅるるるっとバスケットから出てきたのだ。
「おのれ……。飼い主も飼い主なら、ペットもペット……。待つのじゃ! ポチ!」
 ハヤシサワはバスケットをおいてポチを追いかけていく。
 姫の目も追いかけ合う二人に注がれる。
 すると、ポチはしゅるるっと、近くの穴から地面の下にもぐった。
「よーし、そこでじっとしておれ!!」
 ずぼ!
 その穴に勢いよく頭から飛び込んだハヤシサワは、おなかのあたりでつかえて、上半身が穴の下にはまってしまい、地上に出ている足をバタバタと動かした。
「おのれー、待つのじゃポチ!」
 じたばた、じたばた。
 さかさまになった足が空中で走る。
「あははは! さかさまだよ! ハヤシー」
 ケッピ姫は指を差して大笑い。
「ぷくくっ。おもしれーから、くつひも結わいてやろうぜ」
 リュウも大喜びでハヤシサワの靴紐を結わき始めた。
 脇で兵士たちが二人の言動におろおろしている。
「おお、おおおっ! 姫様、姫様、大変でございますぞ!!」
 地下からくぐもった声がそう話しかけてくる。
「なーに? どうしたのー?」
 ハヤシサワに聞こえるように姫がそう大きな声で話しかけた。
「地下で、地下で花が咲いてございます!」
「えええええっ!」
 ハヤシサワの足のそばで顔を見合わせる二人。
「一体どこにつながってるんだろう……?」
 目を丸くした姫に、リュウが何かを見つけたようで1か所を指差して言う。
「なあ、姫! あっちになんか洞窟っぽいもんが見えるぞ、あそこから下降りれんじゃね?」
「え? どこどこ?」
「向こうだよ、行ってみようぜ!」
 姫の手を取り、リュウが走り始める。
 いつの間にか、火トカゲも戻り彼の肩の上に乗っていた。
 姫とリュウを追いかけて多くの兵士たちも洞窟へ向かう。
「だ、だ、だれか助けるのじゃー!」
 だいぶ頭に血が上って来たか、口が回らなくなってきたハヤシサワを兵士の一人が引っこ抜く。
 助け出されたハヤシサワは頭をぷるぷるとふるわせて、髪についた土を落とした。
「大丈夫でございますか、ハヤシサワ殿!」
 パシッと足を合わせて敬礼する兵士。
「おお、御苦労であった。して、姫様は…」
「リュウ殿と向こうの洞窟へと向かわれたであります!」
「なに、またリュウの奴めが……。こうしてはおれん! 姫様今参りますぞー!」
 髪をなでつけ、走り出そうとハヤシサワが足を出した瞬間。
 ドベシャ!
 靴紐が結ばれていたため、激しく転倒した。
「だ、だ、大丈夫でございますか、ハヤシサワ殿!」
 兵士が慌てて助け起こし、結わきあった靴紐をほどく。
「あたたたた……。いったい誰がこんなことを…、いや、あ奴しかおらん。くっ…このハヤシサワこんなところで、めげている訳にはいきませんぞ。皆の者!追うのじゃ!」
 足の自由が利くようになったハヤシサワは、土けむりを上げて姫たちの後を追いかけていった。
          
                                                         つづく                                                         
にほんブログ村 小説ブログ ファン
タジー小説へ あの悪ガキめっ、許しませんぞっ←(byハヤシサワ)
posted by (有)すークリエーション at 12:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | みんななかよし(小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

音 響の徒然なるままに…… 三十二回目

 こんにちは。音 響です。
 最近ますます寒くなって、お布団から出るのが辛くなってきましたね。

 今回は四コマの方でご紹介している岩手について語っていきたいと思います。

 まず向かった、遠野ですね。
 どこにあるかといいますと、遠野市は、岩手県内陸ですね。北上高地の中南部に位置します。
 それに、四方を山に囲まれているすごく、しずかで、のどかな所です。
 それに、忘れてはいけないのが、童伝説で有名なカッパ淵ですね。
 今回、時間の関係で、行けなかったのが残念ですが……。

 ということで、先週の四コマで写真があった通り、遠野の駅前にはカッパの像がたくさんありました。
 そして、観光案内所ではカッパ捕獲証明書なるものが販売されていたんですよ。

 社長を捜す旅でしたので、みんなでどこへ行くか相談した所、候補にあがったのが「ふるさと村」今週の四コマで写真の乗っていたところです。

 本日はこのくらいにして、「ふるさと村」については来週語りたいと思います。
 それでは、皆様また来週お会いしましょう。ごきげんよう。

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ ← こちらのクリックもお待ちしておりますね。
posted by (有)すークリエーション at 21:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音 響(おと ひびき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

神田空音の当たるも八卦 第三十二回

 こんばんは〜。
 ものすごく大変なことと、ものすごく嬉しいことが同時にやってきて、いろんな意味でドッキドキの神田空音です。

 どんなに大変なことがあっても、すっごく嬉しいことがあったから、きっと乗り切れる!
 ……よね?
 何故か自問自答。

 まぁ、何にせよ。
 どのみちやんなきゃいけないことなら「大変だなぁ、できるかなぁ」って思いながらやるより「うっほほ〜い、やること一杯嬉しいなぁ〜」って小躍りしながら楽しい気持ちでやった方がよいと思うのですよ。
 その方が人生楽しいんでないかな? と。

 で、人生をめいいっぱい楽しむために、時折、すーさんで遊んだりしてるけど……ちょっとしたいたずらは心のオアシスだから大丈夫だよね。
 うんうん。
 すーさんもきっと笑って許してくれるはずさぁ。
 ね? すーさん♪

 ではでは、本日の占いいってみよう〜♪

 本日のテーマは『飲み会にて』です!
例によって、例のごとく、すーさん、けいちゃん、空音、ひびきちゃんの4人から気分で選んで、以下の結果を見てください。

<すーさんを選んだあなた>
 いっぱい、気を使って頑張って明るく振舞っちゃうんじゃないかな?
 それはいいことだと思うけど、後でぐったりしないように、何事もほどほどにね。

<けいちゃんを選んだあなた>
 マイペースで飲んでいそう。
 自分の好きな話ばかりだと、みんながしら〜となっちゃうこともあるから、気をつけてね。

<空音を選んだあなた>
 飲み会ってどうしてもテンションが高くなっちゃうけど
 お店の人がひいちゃうくらいのテンションは迷惑になるかもですよ。
 時折、我に返りましょう。

<ひびきちゃんを選んだあなた>
 自分は聞き役とわりきって、ちびちびお酒を楽しむ派かな?
 たまには自分が主役とばかりに騒いじゃっても楽しいと思うよ。

 は〜い、こんなんでましたけど〜。
 ではでは、皆様また来週〜。

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ ←クリックよろしくぅ。
posted by (有)すークリエーション at 23:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神田 空音(かんだ からね) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

けいのあまあま日記 その32

こんにちは、けいです。
今回も、性懲りもなく、前回の続き!

今回の旅は、遠野に向かおうってのは、
その場のとっさの勢いで行ってきたわけで、
実際の目的地は、花巻だったんだ。

というわけで、遠野から花巻まで移動して、
花巻から宿に向かうバスを待っている間に、
駅のパン屋さんで見つけたのが、
クリームがモリモリのシュークリーム!

花巻シュー

とまぁ、あちこちウロウロしながら、
あまあまは続いているのだったー。

というわけで、もうちょっと続く!

あ、ここのクリックもよろしくな!
にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
posted by (有)すークリエーション at 23:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 幡羅 恵(はたら けい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

四コマ第二十四話『すーさんはいずこ? 遠野編その2』

作:すーさんの愉快な仲間達


すーくり四コマ 第24回

つづく。


(C)すーさんの愉快な仲間達/クレイ・シーゴット


すーくり社員一同すーさん四コマ第二十四回。

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ ← すーさん、どこいったんだろ? クリックして捜して!(by 空音)
posted by (有)すークリエーション at 18:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | すーさん四コマ & イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。